プライムゲート
Super Design House for LSI
ホーム 電子広告 IR情報 お問い合わせ
プライムゲートとは 会社概要 業務紹介 採用情報
業務紹介
ホーム > 業務紹介 > LSI設計開発 > 最新の設計技術とツールによる設計開発
最新の設計技術とツールによる設計開発
最新の設計手法の採用
プライムゲートで従来のHDLによる設計開発に加え、C++/SystemCによる最新の設計手法を採用。設計期間の短縮、可読性の向上、汎用性の向上を図り、複雑・大規模化するLSI設計に対応。現在、最大1000万ゲートのLSIの設計開発が可能です。
C++/SystemCによるLSI設計支援システムによる高速検証
プライムゲートではC++/SystemCによる検証を実施。従来のHDLの検証法の10分の1から100分の1の時間でのシミュレーションが可能になり、検証作業を大幅に効率化、100万ゲート規模なら2ヶ月での納入を実現しています。また、設計支援システムPG-Processを自社開発。検証に必要な定型記述を自動生成することによりプログラムソースの記述を大幅に削減し、入力ミスなどの単純なケアレスミスを排除して高品質を実現しています。
C++/SystemC回路検証環境 ワークフロー
※PG-Processは社内用設計支援ツールのため外販はしておりません。
ページトップに戻る
プライムゲートの強み
LSI設計開発
最新の設計技術と
ツールによる設計開発
EDAツール紹介
IP紹介
サイトマップ プライバシーポリシー